男女

IT技術による業務効率向上|水道図面CADやWEB会議等の導入

新しい情報発信方法

講演

新しい情報の発信方法としてオンラインセミナーが多くの注目を集めています。オンラインセミナーでは世界中の人々をターゲットとしたセミナーを実施できるため、その活用方法は幅広く企業においては多くの利益をもたらしてくれるでしょう。

More...

マニュアルの効率的作成

男女

企業においてマニュアルを作成する際には、文章への落し込みなどに時間が多く掛かっていたかと思います。マニュアル作成ソフトを導入することでその作業時間を50%以上削減することが可能です。

More...

コストを掛けない会議

話し合い

web会議を企業に導入することによって、遠距離にいる社員や役員との会議が移動をせずに行えるようになります。そのため、移動費や時間が掛からず大幅なコスト削減を実現することができるでしょう。

More...

使いやすいサービスにする

システム開発を行なうことで、業務の効率化や新たな顧客獲得などを行なうことができます。具体的なイメージが沸かないという場合も、業者に相談することで形にすることができます。

More...

水道図面CADのメリット

PCを触る女性

水道管というのは生活に関わるあらゆる場所に存在しています。これらの下水道を作っている上下水工事業者は、より正確に工事を進めるために設計時において様々な水道図面を作成するでしょう。配管図面や立面図といった水道図面を従来の方法で作成する際には、多くの時間と手間が掛かっていたものかと思います。水道図面CADを導入することで、水道図面作成に掛かっていた時間や手間を大幅に削減することが可能になります。
水道図面CADというのは初心者でも使用できるように使い易さを追求して作られているため、誰にでも簡単に使用することができるようになっています。水道図面CADで行える作業というのは製品によって様々ですが、多くの場合に日報作成や給排水図面、水道本管図面や配管図面及び立面図の作成することが可能です。それらの水道図面を作成する際には工事を行う市区町村を指定することで、その地域の自治会に合わせた図面書式を自動で作成することができます。また、自動で行なってくれる作業はそれだけでなく、器具や間取りから自動で配管図の作成や縦断面図の自動作成を自動で行なってくれる他、材料拾い出し、ヘッダー配管、部材表まで自動で作成することが可能です。様々な作業を自動化することにより業務効率を大きく向上させることができるため、多くの上下水道工事業者から期待が高まっています。また、水道図面CADを導入することで日報内容からでき、図形作成によりミスの予防を行えるなど、より確実な工事を実現することも難しくありません。